忍者ブログ
現在プレイしているMMOと時折思いついたことについてつらつらと駄文を載せるブログ(from2007/11/15)
[79]  [77]  [76]  [75]  [74]  [73]  [72]  [71]  [69]  [68]  [66
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

これまで、トール火山へは武器を3本持ち込んでいた。
すなわち
  • フォーチュンソード(以下、運剣)
  • +10クワドロプルエンシェントブレイド(以下、QAブレイド)
  • クワドロプルシュルードファルシオン(以下、QShファルシオン)
の3本である。

この3本と言うのが曲者で、特に剣Gを抱える状況になった際に不都合が顕著となる。
現状、武器でのFlee補助が無い限り剣Gを回避しつつ確保するにはFleeが足りない。
そのため肩を木琴にすると同時に武器をQShファルシオンに持ち替える必要があるのだが…タイミングによっては片方の入力が弾かれることもある。

これは管理人の入力タイミングの悪さもあるのだろうが、現実にそういったミスが発生している以上無視も出来ない。
そのため、対策として新規に武器を調達する事に。

TSpA.jpg
○トリプルスピリットエンシェントソード
効果:Flee+9 HIT+50

効果を見て判るとおり、Flee補助とHIT補助を統合した補助用武器の出来上がり。
だらだらな人の最近の言葉を借りると、『回避の剣と操作の剣の合いの子』と言ったところか。

これによってQShに比べてFlee上昇効果が1高いため、剣G95%回避に僅かに迫れた。
更にQAではカーサへの命中率が過剰になっていたため、これによって99%HITへと調整。
結果、2本の武器を1本に統合する事で重量にも若干余裕ができたという一石三鳥の策と相成った。
なおソードを素体にした理由は、横湧きのタゲ奪取の際、2HQ発動ラインへの割り込み可能性を少しでも減らすため。

しかし、1%とは言えカーサへの必中が確保できないのは頂けない。
そのため中段にダークネスアイズを採用して残るHIT1を補完する事に。
Fleeは他の装備のバージョンアップによるフォロー手段があるが、HITに関してはなかなか厳しいのである。

頭・鎧・盾はマグニセットのために固定。
靴と肩掛けでDEX補助はなく、アクセを片方潰してはDEFが犠牲になってしまう…。
このため、中段でDEX+1を図れるダークネスアイズが採用となった。

…が

この装備変更の後、知り合いに診せて回った所軒並み不評orz
曰く『怖い;;』、曰く『睨まないで;;』、曰く『こっち向くなwww』 etc...
挙句の果てには『私がカーサ抱えてもいいからその装備やめて::』とまで言われる始末。

いやね?私もダークネスアイズが候補に挙がった瞬間『見た目凄い事になるかもなー』とは思ったんだよ?
だけどここまで拒否反応が強いとは露も思わなかったよorz
他にフォロー手段がないのでどうにか堪えてください…o...rz

なお、その装備時のSSがこちら。
Dark.jpg
見た目の形容が『サイクロプス』とか『ギガンテス』とか散々な言われようでしたとさ…=□○_

あ、使い勝手は非常に宜しかったとだけ。
見た目の壮絶な不評ささえどうにかなればなぁ…(´Д`;)

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< Next : Home : Back >>
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[06/09 チミタン/マグロ]
[01/17 もぐたん]
[01/01 彩楓]
[03/10 名無し]
[02/03 雨@へたれwiz]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
神薙綜弥
性別:
非公開
自己紹介:
ROはChaos鯖のみ。
ROのSNSは『神薙綜弥』で登録。
FEZはAtziluth鯖中心でプレイ中。
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
*Powered by NINJA BLOG *Designed by 龍羽風磨
忍者ブログ [PR]