忍者ブログ
現在プレイしているMMOと時折思いついたことについてつらつらと駄文を載せるブログ(from2007/11/15)
[1]  [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

全職中もっとも重装備が可能な剣士系の1系統であるクルセイダーだが、片手剣型で実際に運用する防具としては何が良いのか?
DEFだけではなく、様々な効果・重量などのDEF以外の要素も合わせて考えてみよう。
全ての部位について一気に述べると長くなりすぎるので、まずは頭装備について述べて行く。

拍手[1回]

PR
色々有って書くのが遅れたが、今回はクロスシールドのデメリットについて考えてみたいと思う。

拍手[1回]

前二つの記事まででモロク崩壊パッチで実装された装備について書き連ねてきた。
今回はモロク崩壊パッチで実装された装備の中でもクルセイダー・パラディン専用装備であるクロスシールドについて述べてみる。
とりあえずは威力についてさらっと。

拍手[1回]

AGI片手剣と銘打つからには、防御ステータスとしてAGIが組み込まれていることが大前提。
その上で、各ステータスはAGI片手クルセにおいてどのような意味を持つか、それを考察するのがこのページ。



STR
概ね筋力のこと。所持重量や攻撃力に係わる。

強力な火力を持たないクルセ時代は特に欲しいステータス。
The Sign等と言った強力なアクセサリーを考慮しても、補正混みSTR70程度はないとソロでの火力に悩むと思われる。
スキルに恵まれないのなら基礎能力をしっかり伸ばしておくべきである。

また、リニューアル後は武器ATKへのSTRペナルティが発生するようになった。
要するに貧弱な腕力では強力な武器を振り回せない、TRPGのソード・ワールドにある必要筋力に似た概念。
同時にSTRボーナスの効果が薄れたが、STRペナルティの存在によって低STRで武器ATK頼みというわけには行かない。
各武器のペナルティを消せるSTRはクルセWikiを参照のこと。



AGI
敏捷性、回避率と攻撃速度に関係する。

AGI片手クルセであればかなり高めにしてあるステータスのはず。
最終狩場を見据えると、Fleeのためにも少なくとも補正込みで90前後は欲しくなると思われる。
ただし最近はFlee補強の装備も多いため、目指す場所での要Fleeから逆算して必要なAGIを求めるべし。
ASPDフリークな人はカンストも視野に入れるべし。目指せ珍速剣。



VIT
耐久力、頑強さに関係する。

HPと一部の状態異常への抵抗力に影響する。
回復剤の回復力にも影響してくるため、PTの機会が多いのであればできるだけポイントを回しておきたい。
ソロがメインだとしても、90代後半の保険として少々振ることを勧める。
40~50もあればかなりタフになったことを実感できるはず。



INT
知力…と言うよりROでは魔力の方が意味合いが強いか。

大半のAGIクルセにとってはSP回復力のために存在するステータス。
そのため6の倍数を意識しておけばまず問題はない。
資金次第では初期値のまま育て、SPは回復剤に依存する方法もある。

なお、リニューアル後は詠唱時間にも影響するようになった。
そのため詠唱を要するスキルを使う場合はそれなりのINTとDEXがないとテンポが悪く感じるだろう。

ただし、宝剣クルセの場合は可能な限り5または7の倍数で上げておくべき。
体感ではINT70辺りにならないとかなり悲しい魔法ダメージしか出ない。
リニューアル後はINTの8の倍数でボーナスがついている。
そのため、宝剣型に分類されるようなタイプであればINTの調整に注意。



DEX
器用さを表し、武器ダメージの安定化と命中率に影響する。

上げられるだけ上げてはおきたいが、通常相手をするMOBを考えると高くても補正混み60程度あれば十分。
それ以上は所持スキルの都合や趣味の範疇次第だろう。

リニューアル後は場所によってはかなり高めのHITを求められるようになった(生体2など)。
DEXのみで賄うには厳しい場所もあるため、HIT補強装備の検討もしておくべし。

献身を頻繁に使うようであれば、緊急時に備えてできるだけ上げておきたい。
もっとも、リニューアル後はINTも詠唱時間に絡んでいるのでDEXだけでは思うような詠唱ができないが。



LUK
運のよさを表し、クリティカルや完全回避にかかわる。

基本的に必要性の薄いステータス。
と言うのもステータス1に対して得られるメリットが他のステータスに比べて僅少すぎるのがその原因。
『白金のショーテルでクリ型として生きる!』とか『アイスを凍結なしで運用したい!』等という明確な目的がなければ初期値のままで良い。

リニューアルによって様々な能力に影響を与えるようになったステータス。

3の倍数でATK・MATK・Cri・HITが、5の倍数でFlee、10の倍数で完全回避が上がる。
これによって多少LUKを振ることで本来の担当ステより効率よく能力UPを図る選択肢も出てきた。



実質、LUKを除くステータスのほとんどが意味を持つため、結果的にバランス型になる場合は多い。
リニューアル後はLUKの意義が大幅に増えたため、更にバランス型になる傾向が強くなった。
その中で何について特徴付けるかで個人差が大きく現れるだろう。

拍手[0回]

この項ではAGIクルセ系にとっての肩装備について取り扱って行く。

AGI型の肩装備の定番と言うとやはり木琴ことウィスパーカード挿し装備がまず頭に浮かぶ。
しかし、それで満足してしまってはいけない。
PTで立ち回ろうとも考えるのならばFleeだけではなく、敵打撃への耐性をも考慮すべき。
と言うわけで、様々な面からクルセ系に縁のある肩装備について取り上げて行きたいと思う。



フード
肩掛けの中で最もDEFが低いが故に市場での価値は低い。
が、全職装備可能で使い回しが非常に良好でもある。
R化によって肩装備のDEFは似たり寄ったりとなってしまったため、目的のカードを挿した既製品があれば検討に値する。



マフラー
以前は後衛用肩装備としてメインの座にあった装備。
今では転生後に色んな特殊効果を備えた装備が増えたため、未転生でも装備できるように…と使い回しを重視した運用が主。
DEFはフードの倍だが、僅か4の違いではほとんど効果はない。
基本的にフードと同じく目的の既製品があれば購入を検討する程度の扱いでいいだろう。



マント
基本的に前衛系のみ装備できる肩装備。
ただし、今では性能・使い回しの面からして非常に微妙。
MMORPGの常とは言え、大昔は高級品だったことを考えると一抹の寂しさを感じる。

マフラーの1.5倍少々のDEFを持つものの、R化以降肩装備のDEFは合計DEFから見てかなり比重が軽い。
転生以降装備できる肩装備は幅広い職で装備可能なものも多いため、余計に立場が弱い。
既に所持していたり格安の既製品が手に入るのでもなければ使う意味は非常に薄い。



昔の領主のマント
DEFは9とほぼマフラー互換だが、地味にAGI+1と装備制限Lv40がある。
通常はスロット無しだが、スロットエンチャントや砦宝箱からスロット付きが手に入る。
正直な所、費用対効果はあまり宜しくないので、AGIの補正を突き詰めたい人にどうぞ。



天女の羽衣
DEF18と肩装備としては悪くない部類。肩装備としては、だが。
だが、装備可能レベル80が使い勝手を悪くしている。
入手性も然程良いわけではないので剣士系ではあまり目を惹く装備ではないだろう。



ポールドロン
以前はDEF用装備として剣士系の最終装備だった。
装備Lv80、剣士系・商人系・盗賊系のみ使用可能と、使いまわしの面ではかなり劣悪。
肩装備の中では神器を除けば最高のDEFなのだが、そもそもDEF重視の装備にしてもそれ自体が微妙。
他に特殊効果も無いので、PT活動などでの実利を求めるなら、敢えてこれで作成する意味はほとんどない。



ランニングシャツ
これ自体はMDEF+1以外の効果を持たないのだが、ブリーフと組み合わせることで驚異的な回避効果を得られる。
非常にコストパフォーマンスが悪いが、スロットエンチャントでスロットをつけることも可能である。
現在は上位互換のドラゴンセットが出たことと、くじでのばら撒きが行われたことにより、かなり安価にセットを利用できる。
未転生でAGIの補正を求めているなら重宝するセットだろう。



ファルコンローブ
単品だとFleeにおいては劣化木琴だが、代わりに完全回避+5がついている。
セットで使うとFlee増加の点では木琴同等となるので、その他のオプションも有用に使えるかどうかで導入の判断を。
なお、セット時のFlee増加分の内訳は『Flee+15&AGI+5』であるので、少しでもAGIが欲しい両手剣騎士や槍クルセには悪くない。
くじでばら撒かれ、産出元である機械工場が一部職の狩場となったため非常に安価に入手できる。



ヴァーリのマント
単品だと劣化レイド肩。しかしファルコンローブの完全回避+5のような効果は一切なし。
しかしセットで装備するとヴィダルのブーツの性能が良いのもあって案外と悪くない。
セットでVIT+5がついて微妙に状態異常耐性が上がるのも嬉しく、劣化エギラながらもSP回復力増加の効果もある。
とは言え、レイド肩に比べて無属性耐性で5%劣る点は後半になるほど厳しいものがある。
安価なので、別鯖での1からのスタートのときには悪くないか。装備Lv制限があるが。



モルフェウスのショール

肩でSP+10%は嬉しいが、その分防御を犠牲にしてしまっている。
おまけにクルセ系で肩のカードを犠牲にしてまでSPが欲しいかと言われると…。
防御を考えずにスキル連打狩りができる場合なら他のMSP補強と併せて活用できるだろう。



モリガンのマント
単体では見るべきところがあまりないが、セットで用いると大幅なクリ率・完全回避の向上が見込める。
しかしスロットが無いため木琴の回避もレイドの耐性も犠牲にしてしまい、防御面は大幅に貧弱になる。
追い討ちをかけるようにモロク崩壊パッチでクエスト報酬として死のブローチが追加されてしまった。
死のブローチにコボルドcを挿すと1つでクリ+9となってしまい、クリ率に関してはそれ2つの方が割が良い事もしばしば。
クリ片手であれば使えなくはない…か?



ヴァルキリーマント
転生職専用。
剣士系が装備するとRSに似た効果を得られるため、タゲ維持しにくいMOBを引っ張るのに有効。
月光剣を併用して常時SP補給するという芸当も可能。教授・サラがいればその必要も薄いが。
しかし供給先が災いして超高額であるために過剰精錬しにくいという難点がある。
基本的に後衛職の方が有効に扱える装備。



ライダーバッジ
転生職専用。
sなしは大した効果を見込めないが、s有りなら黒革のブーツと合わせて強力なFlee補助となる。
更にこれ自身と黒革のブーツにAGI増加(合計+3)の効果があるため、Fleeを求める上では非常に魅力的。
しかし、単品でFlee+10の効果を持つスキンオブベントスの登場でこのセットは一気に微妙装備へ転落。
更に靴を固定せずに補正的に上位互換となるドラゴンセットが出たことでトドメを刺された。



ウールスカーフ
転生職専用。
単品では見るべき性能はないが、タイダルシューズとのセット効果のうちHP+10%増加が強力。
タイダルシューズにマーターcや緑ぺロスcを挿せば20%以上のHP増加になる。
ただし、現在は更に強力なHP補強の装備やセットが出ているため、基本的にそれらの下位互換となる。
転生と装備Lv55以外に制限はないので、転生キャラ間での使い回しがしやすいのはありがたい。



ドラゴンブレス
龍族からのダメージを15%軽減する肩掛け。転生専用。
セット効果はパラにとってあまり意味がないが、こと龍族に対してはかなりの防御効果を見込める。
何気に転生職であればハイノビ以外装備可能であるため使い回しにも優れる。
アビスレイクへ良く通うのであれば手に入れておきたい。



スキンオブベントス
デフォルトでFlee+10・MHP+200・MDEF+2にスロットが付いている高性能な肩掛け。
モロクの現身(物質型)の低確率ドロップだが、供給自体はくじのせいもあってそこそこあるため入手はしやすい。
挿すカードはウィスパー・カヴァク・レイドリック・オークベビーの4種が候補か。
ウィスパー・カヴァクは更なるFlee確保によって回避できる対象を増やせる。
レイドリックならば防御重視をしながらも足りない回避を補完する使い方が可能。
オークベビーであれば現状の回避を維持しつつ更なる防御を得られる。
自分に合った使い道がどれなのか、見極める必要があるだろう。



ディアボロスマント
転生専用。
単品で無属性耐性5%・MHP+100に加え、MHP+6%のセット効果ありと超高性能な防具。
ドロップする敵がモロクの現身(天使型)と難敵だが、それに見合った性能と言える。
可能ならば過剰して用いるのがベストだが、大抵のサーバでは超高額商品。
よほどの資金が無い限り過剰は困難だろう。



焔のマント
転生専用。
MHP+5%、火属性MOBへのダメージ+2%、MATK+1%、MDEF2とかなり高性能な肩装備。
しかし、くじでばら撒かれたために入手はかなり楽。
HPの増強を行える数少ない肩装備のため、献身を使う機会が多いようであれば準備しておきたい。
また、RGの最終狩場候補のトール火山でも役立つ効果があるため、スキンオブシャドウを持って居なければうってつけだろう。
装備Lv制限に気をつければ地味に使いまわしも良好である。



ドラゴンのマント
単品では領主のマントと大差ない効果だが、ドラゴンベストとセットにすると非常に強力な回避強化になる。
これ自体はクエストで入手できるので割合楽と思いきや、途中で異世界の強力なMOBが徘徊するMAPを歩かないとならないため、意外としんどい。
おまけにそのMAPは一部職のメイン狩場であるため湧きが激しい上、全てのMOBが昆虫のためハイドでやり過ごしもできない極悪仕様。
そのためドロップ運に左右されない入手手段の割りにかなり高額で流通している。



カタパルトショルダー
ラグガチャで手に入るATK+15付き肩装備。
これに巨大ウィスパーcを挿せば肩でATK+25の補強と非常に強力。
ただし、ガチャでの入手なので当然相場はお察し。



魔法のストール
パッケージ商品なだけあって、MSP+3%、消費SP-5%とかなり高い効果。
更に+6以上でMSP+3%が更に追加される。
が、MSP増加についてはモルフェウスのショールの方が上になるため、消費SP軽減と付いているスロットでそれ以上のメリットがないと選ぶ理由にならない。
予想される消費SPとMSPの比率でどちらが良いか比べる指針になるか。



聖なるケープ
これまたパッケージ品の肩装備。
効果は名無しを見込んだかのような不死・悪魔種族からのダメージ-5%。
もっとも、耐性は同種のものを積み重ねてこそ目覚しい効果を発揮するため、本格的に運用するなら不死盾なども併用したい。



スキンオブシャドウ
神器を除けば最高級クラスの装備のひとつ。
その効果は色んな意味で破格。
SP吸収の効果はライド帽と合わせないと実感しにくいレベルだそうだが、それ以外の効果も耐性+7%もMSP増加も実用性が非常に高い。
肩装備としては最終目標たる品だろう。



アスプリカ
こんな代物の入手を考えることのできる環境なら説明は不要のはず。



基本的に前衛系の肩装備はあちこちの狩場にあわせて複数作成すると言う事があまり無い。
精々反射などを狙うためにV肩とそれ以外の回避・防御の肩装備を整える程度か。

拍手[1回]

身を守る上で重要な胴を守る防具、鎧をこの項で取り上げる。

とりわけ防具のDEFの中でもかなり大きなウェイトを占める部位であり、安全を確保するために有用な属性鎧の土台でもある。
属性鎧として運用する以外にも有用なカードは多いため、用途に合わせて適切なものを選んで運用したい。
火属性耐性が重要だからと、それ以外何も考えずに火コットンなんて作ってトール火山に行ってもソードガーディアンになます切りにされるだけだし、STRが皆無なのに『鎧をフルプレートで揃えました! でも重いから回復剤もてません!!』なんてのも前衛として微妙すぎる…そういうことである。

以下、クルセ・パラに縁のある鎧を1つずつ取り上げて行く。
毎度の事ながらあくまでAGIクルセ・パラ持ちからの視点なので悪しからず。



○コットンシャツ・レザージャケット・アドベンチャースーツ
軽く使いまわしは抜群だがDEFが心許なさ過ぎる。
供給も非常に不安定なため、他のキャラで使いまわすために作るにも手間が掛かる。
大人しく他の候補を探す方がいいだろう。

○シルクローブ
DEFこそ高くないが、MDEF+10はGvや生体3などの一部場面で非常に有用。
用途が用途なため『マルクc挿しエベシ嵐のうねり』があるとお役御免になることが多いが、非常に高価なためマルクc挿しシルクローブにはかなりの間お世話になるはず。
物理攻撃より魔法攻撃が怖い局面で活用すべし。

○メントル
DEFこそ心許ないが使いまわしの範囲は非常に広く、重量も軽い。
供給も低レベルキャラに人気なウルフのドロップであるため、集めようと思えばすぐに集まる。
ノビ系は装備できないが、それ以外での使いまわしで使うならかなり優秀だろう。
金余りな人ならフォーマルスーツがあるのでそっちを選ぶといい。

○ウドゥンメイル
メントルの完全劣化。
DEFが同等の癖に装備可能職業が少なく重量も遥かに重い。

○ロングコート
メントルのDEFが1上がった代わりに重量が倍になった装備。
使い回しは悪くないが、弓・魔・聖辺りの後衛系キャラには重量120がちょっときついか。
前衛系キャラでの使い回しのみを考えるなら悪くない装備である。

○フォーマルスーツ
DEFはロングコートと同等だが、重量がそれの1/4と非常に軽い。
使いまわしたいキャラが様々に散っている場合はこれをチョイスしたい。
…が、利便性の高さも有ってか、くじでばら撒かれたにもかかわらず依然高めのお値段。
財布の中身と良く相談するべし。

○ミンクのコート
ロングコートよりDEFが1上がっているものの、重量はそのおよそ2倍の230。
既に後衛職で装備したいとは思えない重量である。
ぶっちゃけここまで来ると重量280でDEF7のアーマーを選ぶ方が…。

○アーマー
この辺りから金属鎧っぽいものが出始める。
DEF7で重量280と、性能自体はまずまずのレベルだが安価。
だが、メイルの価格が暴落した今では余り選ぶ価値はないか…?

○メイル
かつてはメイン装備として隆盛を誇っていたが、現在では型落ち品の印象がぬぐえない。
セット効果が優秀なオーディンの祝福や転生限定とは言え高性能なメテオプレートなどの登場で価値が暴落。
逆に言えば中古品を安値で手に入れられる可能性があるわけなので、資金に余裕の無いうちはありがたいか。
性能はDEF8で重量330とやや重いが十分優秀であり、前衛キャラでの使いまわしも良好である。

○プレート
DEF10を誇り、昔からある装備の中ではトップレベルの防御性能を持つ。
…が、重量450と言うかなりの重さが仇となって余り使用されていない。
また、他職との使いまわしも出来ないのもマイナスポイント。

○フルプレート
現存する鎧の中で最大のDEF11を誇る鎧。
ただし、重量が550と異常に重いため使い手を非常に選ぶ。

○ブリーフ
英語圏では名称が『パンティ』だそうな。
長らくネタ装備扱いされていたが、ランニングシャツとのセット効果とスロットエンチャント対象となった事で大化け。
DEFこそ4とやや低いが、AGI型には垂涎モノのセット効果(AGI+5,Flee+10)と重量10と言う類い稀な軽量さが魅力。
ただし、効果と相まってs付きのお値段は非常に高価。

○グリッタリングクロース
DEFと重量はほぼアーマー互換だが攻撃時に敵に暗闇を付与する事があり、AGI型には悪くないか?
使いまわしも良好でMDEF+5も悪くない。
入手手段は限られるが、DEFを取ったりセット効果を取ったりであまり使われないのか比較的安価。

○ルシウス火山の激しさ
この手のデフォルトの属性付き鎧ほとんどに言えるが、s無しはほとんど価値がないがs有りは非常に高価。
ただし、他の属性カード(パサナc、ドケビc等)を挿しても重複も2属性軽減もされず、ただ挿したカードの属性で上書きされるだけなので絶対にやらないように。
s火鎧はHWがトール火山での火力底上げのためにアガヴcを挿すことがあるとか。
前衛的には狩りでの恩恵は薄いのだが、Gvでマルクc挿しをプラチナ盾と併用する事で防衛側WizのSGを反射し壊滅させるという手段があるとのこと。
もっとも反射ダメージを増やすために火属性でSGを受けるため、被ダメージも半端なく増加してしまうのだが…。

○シャピニハ海の叫び
スロット付き属性鎧の水属性バージョン。
狩りで使用される事は稀で、主な用途はマルクcを挿してGvの大魔法弾幕突破用。
クルセ系では弾幕突破しても単体では余り活動の幅が広く無いため、有用とは言い難いか。

○エベシ嵐のうねり
スロット付き属性鎧の中でもっとも人気であろう風属性バージョン。
マルクcを挿せば生体3と言う最高難易度Dでの有用さもさることながら、Gvにも転用できる汎用性の高さが売り。
これらの舞台へ出ることを考えるなら是非とも入手を考えたい装備である。

○クレイトス大地の裂け目
スロット付き属性鎧の中で唯一の残念な子。
地属性Lv1では地属性を軽減できないのが余りに痛すぎる。
風属性対策にするにもサンドマンcを使えば良いだけの話であり、使い道がほとんどない。

○オーディンの祝福
様々なセット効果の中核となる鎧装備。AGI片手クルセにとっても非常に有用である。
マグニキャップ・ストーンバックラーからなる『マグニセット』はPTでの耐久力向上に非常に重宝する。
ファルコンローブ・フレイシューズからなる『ニヨルドセット』は木琴同等のFleeとPOT効果向上、完全回避+5等等ソロ活動に有用な効果が多い。
ただし単体ではミンクのコートとほぼ変わりが無いため、あくまでセットで運用する事を念頭に置くのが良いだろう。

○ゴヴニュの鎧
重い上に大したDEFもなく、挙句の果てにスロットも無い。
セット効果もかなり微妙…被弾機会0での献身役でなら、許容量を増やすために使え…るのか?

○ヴァルキリーアーマー
転生職専用。
ステータスALL+1と不壊効果を持ち、職別に状態異常耐性が付与される(剣士・商人・盗賊系はスタン耐性50%)
DEFこそ6と平凡かやや低く感じるが、壊される心配がなく状態異常への耐性を得られるメリットは大きい。
Gvではゴーストリングcを挿したものがあれば弾幕地帯を抜けた先で異様なタフさを発揮できるだろう。

○オルレアンの制服
転生職専用。
DEF2と非常に装甲は薄いものの詠唱妨害をされないようになり、詠唱時間へのペナルティも+15%とフェンアクセより少ない装備。
前衛を努める事が多いパラでは装甲の薄さが怖いので、フェンアクセと同様必要に応じて付け替え前提での運用になる。
管理人のように回避しながらSdCnを撃つタイプでも、BOXされていたり必中攻撃を貰っている時に強引に詠唱を通すために利用することがある。

○ディバインローブ
転生職専用。
大層な名前の割に性能は今ひとつ。様々に状態異常耐性を持つが、いずれも僅少すぎて役に立たない。
スロット付きなのが救いだが…産出量が少ないこれを使う人は居まい。

○メテオプレート
剣士系・商人系の転生職専用。
DEF10とかなりに堅い上に重量300と、このクラスのDEFを持つ鎧としては非常に軽量(プレート450、メイル330、アーマー280)
産出元も敷居が高いとは言え人気のトール火山であるため供給は安定しており、価格も比較的安めに落ち着いている。
転生後はこれに乗り換えておけば大抵の狩場で通用するだろう。

○ディアボロスアーマー
剣士系・商人系・盗賊系の転生職専用。
DEFこそ7と平凡だが、鎧自体にSTR+2,DEX+1の補正があり、ディアボロスリングとのセット効果もある。スロット付き。
性能だけを見れば割りと高性能なのだが、如何せん屈指の実力を誇るMVPBossこと魔王モロクのドロップのためかなりの値が張る。
ステータス補正を当てにするにも使っている鎧を全てこれに変更せねばならず、余り高くないDEFを補うために過剰精錬を施したいのもあり、価格と相まって実用にするには金銭的なハードルが高い。

○ブリュンヒルデ
新規実装される予定の鎧の神器。
…なのだが、性能的には他の神器に比べるといまいち。
不壊・ノックバック無効は有用だが、残りの効果がなんともちぐはぐな印象。
MHP増加はBaseLv*20の増加に留まるため、オーラ付近のVIT型LKやパラではペコペコcの方が増加量が大きくなりかねない。
物理ダメージ+10%やMATK+10%は悪くないが…鎧で付加して欲しいほどのものではない感じが。
どうせならステータス異常耐性をVAL鎧以上の数値で付加しておく方が鎧の神器っぽかったかと。



つらつらと書き綴ってきたが、個人的なお勧めはメテオプレート。
転生しないと使えないが、コストパフォーマンスにかなり優れる。
転生前であれば、今ならメイルの中古品探しが良いか…希望の物が都合よく並んでいると限らないのが難点だが。

トール火山のような超ATKのMOBがひしめく場所ではオーディンの祝福によるマグニセットで立ち向かいたい。
シミュレートすれば判るが、セットボーナスの追加DEFと石盾の大型耐性5%が余りにも大きな差となって見えるはず。
転生有無問わず・職問わず(ノビ除く)使い回ししやすいのもポイントが高い。重いけど。

あくまで使い回しを重視するならフォーマルやロングコートが無難か。
ロングコートの重量が気になるけどフォーマルに手を出せるほど余裕は…という人は安価なメントルを過剰するのも良い。

拍手[1回]

いやね、ちょっとRMCのアーチャー板で木琴以外のFlee上昇装備について意見を聞きたいというスレッドがあったのよ。
その場ではざっと最近のものについて列挙しておいたんだけど、他のものとも比べてどうなのかと思ってこの記事を書き殴ってみる次第。

とりあえず、現在存在するFleeに関する肩装備関連を列挙するだけ列挙してみる。

1.ウィスパーC
2.ダスティネスC、ホードC、マルスC、ジャックC、ミストC、オークゾンビC、マリオネットC、イシスC(各種属性防御C)
3.コンドルC
4.ドラゴンテイルC
5.バフォメットJr.C
6.ヒェグンC
7.チョコC
8.イクリプスC、さすらい狼C、トードC、ドラゴンフライC、マスターリングC、ボーカルC(小ボスC)
9.九尾狐C
10.カヴァク=イカルスC
11.彷徨う者C
12.オークベイビーC
13.ランニングシャツ+ブリーフセット
14.オーディンの祝福+ファルコンローブ+フレイシューズセット


…優劣あれど結構数があるもんで。
とりあえず、それぞれについて私見による評価をしてみたいと思う。
ツッコミを入れたい人はコメントを遠慮なくどーぞ(・ω・)

拍手[5回]

: Home : Back >>
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[06/09 チミタン/マグロ]
[01/17 もぐたん]
[01/01 彩楓]
[03/10 名無し]
[02/03 雨@へたれwiz]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
神薙綜弥
性別:
非公開
自己紹介:
ROはChaos鯖のみ。
ROのSNSは『神薙綜弥』で登録。
FEZはAtziluth鯖中心でプレイ中。
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
*Powered by NINJA BLOG *Designed by 龍羽風磨
忍者ブログ [PR]