忍者ブログ
現在プレイしているMMOと時折思いついたことについてつらつらと駄文を載せるブログ(from2007/11/15)
[93]  [92]  [91]  [90]  [89]  [88]  [87]  [86]  [85]  [84]  [83
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

7thDragonの各職業について多少触った上での雑感を一筆。
一気に全部書くとかなり長くなるので、まずは前衛を務めることが多い4職業。

ぶっちゃけ全職使ってみたものの使ってる頻度にはどうしても偏りが出ているので、その辺りを考慮して読んでいただければ幸い。


○ファイター
剣もしくは斧をメインに扱う典型的な戦士。
純粋なダメージディーラーかと思いきや、自己ブースト&敵弱体もこなす面も。

スキルは剣系と斧系に大別されるが、両方をある程度修める事で修得できるスキルもあることから最終的にハイブリッド化することが前提か。
剣系は対多数で優れ、斧系は一撃の火力で勝る…が、双方ともスキルの燃費はかなり悪い部類。
なにしろ中盤を過ぎても、メイン火力スキルで最大MANAの2割前後を持って行かれかねない。
長丁場になりがちなボス戦ではMANAの補助手段が必須である。

PTメンバーの相性としては、剣はメイジとの、斧はローグとの連携スキルが有るため可能ならそれらの職と組ませたい所。
また、全職でも下位の方のSPD(斧だと武器の補正で更に下がる)なので単独では速攻に向かない点に注意。



○ローグ
RO同様に短剣と弓を使って攻撃する。一応一部の剣も装備可能。
修得できる攻撃スキルは全体的にステータス異常を付与するものが多い。
また、サムライと一緒だと攻撃力が上がるスキルや、戦闘で小銭入手が出来るスキルもある。

攻撃スキルは短剣と弓に二分されるが、そのほかに便利系的なフットワーク系がある。
短剣・弓ともに派手な火力スキルはない。
ただし短剣は攻撃兼回復スキル、弓は後列からの攻撃で近距離物理ダメージ軽減と、意外にも全職でも有数のタフさを誇る。
代わりに短剣は武器のマスタリーが2種のため晩成、弓は攻撃ごとに命中率が少しずつ低下(専用の回復スキルあり)と、それなりにデメリットが有る。

しかしローグの本領はフットワークスキルにある。
この系列にあるハイディングとトリックリアクトの組み合わせは非常に極悪。
前もってトリックリアクトを使用し、ハイディング状態で奇襲攻撃を成功させると、ターンの終わりに追加ターンを得られる。
そして追加ターンでも通常攻撃をすると奇襲が成功する限り延々と自分の攻撃が続き正に『ずっと俺のターン!!
管理人も9回連続ターン獲得までは確認(9回目の攻撃で敵が死亡)したが、はまれば爆発力がとんでもないコンボである。
もっとも、仕込みに最短で2ターンかかるので雑魚戦ではお呼びでないコンボなのだが。
また、強化枠を2つも占領するためBuffを使いにくい欠点もあるが、ギャンブルが好きな人は是非。

PTメンバーの相性は行往坐臥があるならサムライと組むとローグの火力が跳ね上がる。
弓ローグならば斧ファイターもアローフォロアによって相性が割りと良い。
また、リプレイスファーストでメイジの行動順を最初にし、初手で全体魔法をぶっ放して殲滅なんてコンボもある。

余談だが、サクリファイスなる自己犠牲スキルが存在する(敵全体極大ダメージ&味方全員回復(not蘇生))
効果は絶大だが、使用した際の代償は…使用したキャラクターのロスト。完全に消滅し復活不可。
Wizardryのハマン・マハマン(代償はレベルダウン)なぞ生温く感じるレベルの代償である。
それでもなお使うかどうかはプレイヤー次第。
きっと使うときは死亡フラグ立ててるんだろなぁと妄想するも良し。



○サムライ
ご存知日本刀を携えた日本生まれの戦士。
一応普通の剣も使えるが、ほとんどのスキルは刀専用なので要注意。

単体専門のダメージディーラーだが、ほとんどの攻撃スキルは事前に1ターン掛けて対応する『構え』を使う必要がある。
この構えもしっかり強化枠の1つとしてカウントされるため、多数のBuffを使うPTとは相性がやや悪い。
もっとも、強化枠は5つあるので世界樹1のブシドーほど悲惨な使い勝手になっていないのが救い。

POWこそファイターに一歩譲るが、武器の攻撃力が圧倒的に高いため単体火力としては頭一つ飛びぬけている。
コストパフォーマンスも上々で、MANA補助手段が未完成なうちでもボスキラーとして頼もしい存在。
ついでに自己回復・雑魚エンカウント無視のスキルもあり、小器用な面もある。

ただし前衛職の中では防御能力は今ひとつ弱い。
ナイトやローグのようにスキル等で防御面に秀でる事はなく、同様に防御スキルに乏しいファイターと比べても装備や基礎能力(LIFEやPOW)で劣る。
自己回復手段があるとは言え、不意の大きな一撃への耐性が低めな辺りは注意すべき点か。

PTメンバーの相性は特別に活きる組み合わせこそ無いが、大抵の職と組んでも問題ない活躍が見込める汎用性の高さが売り。
ただ、カウンター系スキルを活用したい場合はナイトのスキルとの相性(特に挑発)が気になるところである。



○ナイト
前衛職の中で一際攻防バランスに優れる優良職。
火力・盾・回復までこなすんだから一見するとDQ3辺りの勇者の如し。
数少ない欠点はSPDの低さ程度で、他に際立った欠点が無いためPTに一人居ればかなり頼もしい。

攻撃面はナイトブレードがコストパフォーマンス優秀。
コストや使用条件に制限がかかるものの更に高い火力のスキルもあり、育て方次第でアタッカーとしても運用可能。
攻撃スキルの中でも騎士の憤怒は強烈で、一人以上戦闘不能という使用条件があるが、MANAコストがナイトブレードと大差ないくせに全体大威力攻撃。
なお、戦闘不能者がプリンセスだと更に火力が上がる。

防御面では装備の優秀さもさることながら、後半になるにつれて各種防御スキルの重要さが顕著に。
挑発で敵の単体攻撃を引き付けてパリングで攻撃無効や、ガーディアンで瀕死の仲間の延命など、PTの安全性確保能力は随一。
ディフェンスシフトでPT全体の防御力も増強でき、PTの盾と呼ぶに相応しい防御スキルの充実振り。
ついでに取得が比較的容易なキュアを取っていれば回復補助もできる…どんだけ万能職だお前。

戦闘以外でもウォークセーフの存在が一際光る。
世界中に蔓延するフロワロの花を駆逐するには踏み潰すしかないのだが、踏むとダメージを負ってしまう。
しかしウォークセーフを使えば歩数制限があるものの、フロワロからのダメージを軽減~無効にできるというほぼ必須に近いスキル。

ただ、ここまでベタ褒めしておいてなんだが、防御性能以外はトップの要素がないことに気をつけてほしい。
攻撃に関してはコストパフォーマンスに優れるものの、利便性では他の前衛職の方が優れる(付加効果等)
回復にしても回復力自体は他と遜色ないものの、MANAの最大値の都合でメインの回復役としては厳しい。
要するに編成に対する柔軟性の高さが売りなのであって、単体としては防御以外でメインを張るには微妙に一歩及ばないことに注意したい。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< Next : Home : Back >>
カレンダー
12 2017/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[06/09 チミタン/マグロ]
[01/17 もぐたん]
[01/01 彩楓]
[03/10 名無し]
[02/03 雨@へたれwiz]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
神薙綜弥
性別:
非公開
自己紹介:
ROはChaos鯖のみ。
ROのSNSは『神薙綜弥』で登録。
FEZはAtziluth鯖中心でプレイ中。
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
*Powered by NINJA BLOG *Designed by 龍羽風磨
忍者ブログ [PR]